HANDLING OF THE FUR #毛皮の取扱いについて

毛皮の取り扱いについて
  • 毛皮は、天然ものなので、若干の毛切れを起こし毛が衣服に付着することがあります。最初にムダ毛をよく取ってから使用して下さい。
  • ご着用後は、毛皮のほこりを払いふわっとした状態に戻してから、軽くブラッシング毛並みを整えて下さい。
  • 毛皮に付いた汚れは、ブラッシングで綺麗になります。ブラッシングで落ちない汚れは、熱い蒸しタオルをかたく絞り汚れた部分にあてて汚れを写し取るようにしてください。その後は、完全に乾いてからブラッシングして収納して下さい。
  • 雨や雪で濡れたときは、軽く振って湿っけを払い、乾いたタオル等で毛並みに沿ってやさしく拭いてから、陰干しをし自然に乾かします。(アイロン・火・スチームなどは、絶対にご使用にならないで下さい)
  • 香水や、ヘアスプレーは毛皮を痛めます。直接毛皮につけないようにご注意下さい。
  • 染色された毛皮(特に濃色のもの)は、色落ちする場合があります。淡色の衣服との組み合わせには、ご注意下さい。
  • 肌に異常を感じた時は、直ちに着用を止めて下さい。
クリーニングについて

毛皮には、特殊なクリーニング方法が必要で、専門の機械と洗剤が必要です。

  • 日頃まめにブラッシングすれば、特にクリーニングの必要はございません。ブラッシングは、毛皮についたほこりや汚れを落とし、毛並みが整います。
  • クリーニングに出される時は、毛皮のクリーニングの専門業者に委託するのが良いですが、クリーニング店にお出しになるときにご相談下さい。
  • クリーニング店によっては、毛皮の保管を行っているところもあります。保管が心配な方は利用してみるのもお勧めです。
保管について

毛皮には、特殊なクリーニング方法が必要で、専門の機械と洗剤が必要です。

  • 保管するときは、ハンガーに吊るすか、通気性のある箱に収納し、防虫、坊カビ対策を忘れずに行って、虫やほこりがつかないようにしてください。防虫剤は、良質のものを1種類だけ使用し、毛皮に直接触れないようにしてください。
  • カビは毛皮の大敵です。カビが毛皮の皮質部分に発生しますと、変質、変色を起こします。保管中も時々風通しのよいところで陰干しされることをお勧めします。虫干しは、蛾の卵の産卵期にご注意下さい。

キャンペーン情報

毛皮の取扱いについて

CONTACT US

商品、当ウェブサイトに関する
お問い合せはこちらからお願いいたします。

PAGETOP